医学部に合格したいなら個別指導の塾へ通おう

短い期間で知識が身につく

ノート

より効率よく学ぶために

短期大学とは、その名前の通り、四年制の大学よりも短い期間で修了できる高等教育機関です。これまでは2年制が主流でしたが、最近は看護・医療系や保育系などに3年制の課程も増えてきています。その短期大学の最大のメリットは、大学と専門学校の両方のいいとこ取りであることです。つまり、大学のように専門的・理論的な学究を行いつつ、専門学校並みの実践的な専門技術を身につけることができるのです。そして同時に、履修期間が短い分、大学生活の内容も濃く、充実しています。ですから、時間を無駄にせず内容のある学習をして早く社会に出たい人、あるいは確実に手に職をつけて即戦力になりたい人に向いていると言えます。そして、短期大学は、推薦入試やAO入試の割合が多いという特徴もあります。そのため、条件さえ整えば、自分の学力よりもレベルの高い、より設備や環境の充実した短期大学も目指せるのです。また、期間が短い分、学費の面でも安く抑えられますから、その分実習費や資格試験の勉強に費用を回すことも可能です。ですから、以上のような短期大学のメリットを最大限に活かすためには、まず卒業後の進路や取るべき資格を考えた上で、学校や学部選びをすることが第一です。なぜなら、期間が短いということは、それだけ進路変更の余裕や将来を模索する時間が少ないということでもあるからです。そのため、短期大学は、勉強したいこと、なりたい職業が決まっている人に効率の良い学校であるとも言えます。