医学部に合格したいなら個別指導の塾へ通おう

大学や専門学校との違いは

レディ

良いとこ取りをした学校

高校卒業を控えると気になるのがその先の進路です。就職以外の進路には大学や短大、専門学校という進学先の選択肢があります。これら3つにはそれぞれ特徴があり自分に合った進学先を見つけることが大切です。その中でも短大にはメリットがたくさんあります。大学と短大の大きな違いは勉強する期間であり、四年制である大学に比べ短大は二年制です。二年で就職を目指すのですから、就職活動は入学したての一年生の時から始まります。もちろんその傍らで勉強や実習もしなくてはいけないので忙しいキャンパスライフになります。大学と比較した時の短大のメリットは学費と時間です。四年間通う大学に比べ、学費は単純計算しても半分になります。また短大は二年間で社会でやっていける人材を育てるため、実践的で専門的な勉強内容が多いことが特徴です。資格職では学歴よりも若さを重視されることがあるので、二年早く社会に出ることは就職で有利になる場合もあります。次に短大と専門学校の違いです。この二つはどちらも基本的に二年制であり、専門的な勉強をするという点も似ています。しかし変わってくるのは最終学歴です。専門職や資格職では重要視されないかもしれませんが、もしも事務など一般職に就こうと思った時に応募資格に「短大卒以上」と書かれている企業は数多くあります。それは短大では専門的な勉強に加え、一般教養も学ぶことに起因しています。学費や勉強内容が似ているならば、短大を選んだ方が後に役に立つかもしれません。