医学部に合格したいなら個別指導の塾へ通おう

レディ

大学や専門学校との違いは

短大は大学に比べ学費が安く、社会ですぐに活躍できるよう専門的な勉強をすることが特徴です。また専門学校と比べると、「短大卒」という学歴がつくので就職で有利になる場合があります。大学と専門学校の良いところを取った学校が短大なのです。

実力に合わせた指導

生徒と先生

生徒の得意不得意を知る

医学部受験のための予備校には集団指導タイプと個別指導タイプに分けられます。集団指導タイプは学校の授業のようなスタイルで講師の授業を大勢で受けるというものです。多くのライバルに囲まれて授業を受けるので自分自身のレベルを把握しやすいメリットがある一方で理解不足の点などを質問しにくいということや、講師が生徒一人一人の弱点を把握できないデメリットがあります。一方で個別指導タイプの医学部予備校においては、生徒一人に対して講師一人というマンツーマン授業を実施しています。そのことから生徒一人一人のレベルに合わせた授業を行うことができます。生徒が得意とする分野においては応用問題に取り組み、苦手とする分野においては基礎からじっくり取り組み時間をかけるなど、柔軟なカリキュラムを設定することができます。また、個別指導を専門とする医学部予備校によってさまざまな特徴があり、生徒の都合に合わせて授業を受けることができる予備校もあります。つまり平日は学校が終わってすぐに受けることができるように学校の近くで授業を受けるが、休日は予備校に通うというようなスタイルです。時間を無駄にすることなく活用することができます。また、医学部の入学試験においては学力試験だけでなく小論文や面接なども実施されます。個別指導の予備校においては、小論文や面接においても生徒一人一人の特徴を把握したうえで実施するので的確な指導を受けることができると言えます。

婦人と男の子

早めの始動がポイント

最近の学校事情として有名大学への入学を考える場合、中学受験をして中間一貫校へ入学することが、成功への近道になっています。こういった中学受験を突破するためには、綿密な準備が必要となっており、多くの合格者を送り出す塾の勉強法の方針に従い、こなしていくことが重要です。

ノート

短い期間で知識が身につく

短期大学は、その名前の通り、2年や3年の短期間で修了できる高等教育機関の一つです。その特徴は、専門的・理論的でありながら、実習や実践を中心とした学び方ができる点にあります。そのため、より無駄なく勉強がしたい人や、手に職をつけて早く社会に出たい人に向いていると言えます。